サーバとは

サーバイメージ IT関連用語
この記事は約3分で読めます。

web上に、IT用語について中〜上級者に向けて解説しているサイトは多く見かけますが、あまり慣れていない初心者の方に向けた基礎知識を解説しているサイトは多く見かけません。

そこで、当記事ではこれさえ読めば「サーバの意味はだいたい理解できた」という状態になれる様、専門用語を使わず解説していきます。参考にしてください。

「サーバ」と言う用語を理解するにはwebサイトがどの様な仕組みで動いているのか大まかで構わないので理解しておきましょう!

スポンサーリンク

webサイトが動く仕組み

図で簡単に表すとこの様になります。

  1. まず僕たち(ユーザー)がサーバ君に「〇〇のページを見せて!」と要求します
  2. するとサーバ君は「了解!」といって僕たちのスマホやパソコンで〇〇のページを見せてくれます。

上記の図で、webサイトがどの様にして僕たちのスマホやパソコンの画面に表示されているか大まかな仕組みはわかったと思います。ですが、サーバがどんな事をしていて何者なのかという事は分からなかったと思うので以下で説明していきます。

サーバとは

ポイント

  • 僕たちの要求に応えてくれる専門家
  • 年中無休
  • サーバもコンピュータ

サクッと説明すると

サーバとは、たくさんのwebサイトの情報を保管してくれていて、僕たち(ユーザー)が「Yahoo!のページを見せて」と要求したら「はい、Yahoo!のページだよ!」と要求に応える作業をしてくれるコンピュータの事です。

では、なぜそれが出来るのかというと、サーバには全世界で作られたwebサイトの情報が入っています。そしてその情報を的確に探し出す事が出来るように設定されているからです。

サーバも、普段僕たちが使っているノートパソコンと同じコンピュータです。

ただし、サーバのコンピュータはとても多くの情報を年中無休で正確に扱えないといけないので普段僕たちが使っているモノよりも機能面などで優秀なコンピュータがサーバになっています。

ちなみに、僕たちが使っているパソコンも大変ですが設定を行えばサーバとして使う事はできます。

身近なもので例えると

サーバはマンションで例えられる事が多いです。

具体的に説明していくと

大きな1つのマンションを想像してみてください。それぞれの部屋にはYahoo!のサイトさん、アマゾンのサイトさんなど多くの住人が住んでいます。普段何もない時は、部屋でじっとしていますが、管理人さんに「〇〇さん(ユーザー)が呼んでいるよ」と呼び出された時だけ外に出かけて仕事(僕たちの画面にサイトの情報を表示してくれる)をします。

この時のマンション自体、そしてその住人を管理する管理人。これらの事を引っくるめてITの世界ではサーバといいます。

つまり、サーバとは沢山の情報を待機させておける場所(マンション)と、その情報を要求に応じて提供出来る仕組み(マンションの管理人)の事をいいます。

まとめると

サーバとは、多くのサイトの情報を保管していてユーザーの要求に応じたサイトの情報を提供してくれるwebサイトを見るためには欠かせないコンピュータの事。

最後までお読み頂いてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました