【初心者向け】プログラミング言語とは

いろんな言語 IT関連用語
この記事は約3分で読めます。

web上に、IT用語について中〜上級者に向けて解説しているサイトは多く見かけますが、あまり慣れていない初心者の方に向けた基礎知識を解説しているサイトは多く見かけません。

そこで、当記事ではこれさえ読めば「プログラミング言語ってだいたいイメージできるようになったという状態になれる様、専門用語を使わず解説していきます!参考にしてください。

スポンサーリンク

最近よく耳にするプログラミング言語って??

一言で解説しますと

まず、プログラミング言語を初心者の方に向けてサクッと説明すると、

コンピュータさんに「こんな事を要求されたらこんな感じで対応してね」という命令を書く時に使う

人間とコンピュータさんとのコミニュケーションツールがプログラミング言語です。

人間とコンピュータのコミニュケーションツール!

プログラミング言語を使って出来る事

一言でいうと、プログラミング言語はコンピュータに命令を指示する時に使います。

例えば

もし、パソコンを使っている人が1+2と入力したら「答えは奇数です」と表示してね。

というような命令をする時に使います。

そしてその時に、みんながそれぞれ違った文字やルールで書いていたらコンピュータさんが混乱してしまうので書き方や使う文字のルールを統一しています。

プログラミング言語は、人間がコンピュータへ命令する時に使う!

 

プログラミング言語は人間が見て理解できる

ソースコード

まだプログラミングを経験した事のない人であれば、真っ黒の画面にアルファベットと数字の羅列がめちゃくちゃに並んでいると思われると思いますが、実は英語ができる人だとどんな事が書かれているか分かちゃうんです。

なぜなら、プログラミング言語は

英語をベースに書かれているからです。(中にはフランス語などもあり)

なので、ゆっくり見ていくと意外とどんな事が書かれているか分かります。

プログラミング言語は人間が分かるように作られているんです。

ですが、人間みんなが自由に書いていくとコンピュータも混乱してしまうので、プログラミング言語では種類によって書き方のルールが決まっています

みんなが好き勝手な書き方だとコンピュータさんが困っちゃうから書き方にルールを決めているよ!

プログラミング言語にもたくさんの種類がある

プログラミング言語も、日本語、韓国語、英語と同じ様に多くの種類があります。

その数は、なんと2500種類以上と言われていて、今も増え続けています。

プログラミング言語の種類によってメリットや、デメリットが変わってきます。要するに特徴がそれぞれのプログラミング言語にあります

プログラミング言語の種類によって特徴がある!

まとめ

ここまでプログラミング言語について解説してきましたが、プログラミング言語とはどの様なものかわかって頂けたでしょうか?

今回の記事のポイントをまとめると

  1. コンピュータへの命令を書くときに使う
  2. 僕たち人間が見ても理解できる
  3. プログラミング言語にもたくさん種類がある

です。プログラミング言語ってどんなものだったかなと思った時はこの3つのポイントを思い出して見てください。

ここまで読んでくださったあなたはプログラミングについて少しは興味を持っているのだと思います。

これからも、当ブログではプログラミング言語の種類やIT用語について解説していきます。

僕の経験を活かし、あなたにとって有益な情報を発信していきますのでこれからもどうぞよろしくお願いします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

  1. […] 【初心者向け】プログラミング言語とは […]

タイトルとURLをコピーしました