OSとは『初心者向け』

愛フォン IT関連用語
この記事は約2分で読めます。

web上に、IT用語について中〜上級者に向けて解説しているサイトは多く見かけますが、あまり慣れていない初心者の方に向けた基礎知識を解説しているサイトは多く見かけません。

そこで、当記事ではこれさえ読めば「OS(オペレーティングシステム)の意味はだいたい理解できたという状態になれる様、専門用語を使わず解説していきます!参考にしてください!

スポンサーリンク

ポイント

  • ソフトウェア
  • これを元にパソコンは動いています
  • パソコンだけじゃなくスマホなどにも入っています

サクッと説明すると

OS(オペレーティングシステム)とは、アプリやデバイス(スマホやパソコン)をきちんと動かすための基本となるソフトウェアのことです。

ソフトウェアとは、コンピュータを動かすための命令がまとめられたものの事だよ!

 

一番大事なソフトウェア

パソコンさんを僕たちの知っている便利なパソコンにしてくれている最も重要なソフトがOS(オペレーティングシステム)です。

人間に例えるなら、パソコン本体=人体、OS=人格、といったところでしょう。

つまり、OSが入っていないパソコンはただの画面のついている機械でしかなく、OSが入って初めてパソコンさんらしい動きをしてくれます。(例えばwordが作れたり)

OSが入る事でパソコンとして機能します!

OSの種類

パソコンの場合

  • Windows
  • Mac OS
  • Linux

スマホの場合

  • iOS
  • Android

などが有名なOSになります。

スマホなどの登場で今までITに関わっていなかった人もOSという用語を目にする機会が増えたのではないかなと思います。

パソコンの中にWindowsのOSを入れればWindowsの機能を持ったパソコンになりますし、MacのOSを入れるとMacの機能を持ったパソコンになります。

パソコンにどのOSを入れるかでどの機能を持ったパソコンになるか決まる。

まとめ

ここまでOS(オペレーティングシステム)がどのようなものなのかを解説してきました。

OSとは

コンピュータの人格に相当するソフトのことで

パソコンを動かすための基本のソフトウェアのことです。

最後にこの記事をわかりやすく表したものがあったのでご紹介しておきます!

最後までお読み頂きありがとうございました。

「パソコンは、ソフトが無ければただの箱」

宮永好道(みやなが よしみち 1930-1999)

出典:宮永好道 – Wikipedia

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました