【初心者向け】laravelを使ったwebサービス開発中に検索した用語をざっくりまとめてみた

laravelwebサービス開発 IT関連用語

この記事は

僕がlaravelを使ってwebサービスをチームで開発する時に分からなかった用語や、手順をざっくり解説しています。

なので、詳しく理解したい方は他の記事をご利用ください。

スポンサーリンク

マイグレーション

テーブルの作成やカラムの追加など、DB(データベース)へのテーブル追加や、変更を行うこと。

マイグレーション方法

  1. マイグレーションファイルを作成
  2. マイグレーション ファイルを編集
  3. ターミナルを開く
  4. php artisan migrate を実行
  5. データベースに編集した内容が追加なり編集されます。

マイグレーションファイル

マイグレーションで具体的に「どんなテーブルを作るか」「どんなカラムを作るのか」などを詳しく設定するファイルのこと

マイグレーションファイルの作成方法

  1. ターミナルを開く
  2. php artisan make:migration create_diaries_table –create=diaries を実行
  3. databaseディレクトリにファイルが作成されます。
赤字の部分は任意で変更してください

.env.example

envとは「environment」の略。「環境」という意味。

自分達用のenvファイルを作る時、簡単に作れるようにするために用意された雛形(サンプル)みたいなもの。

.env

このファイルがあれば、接続できるデータベースを変えたりすることができる。

なぜ必要かというと自分達が作ったサービスがうまく動くか確認したい時に複数のデータベースを使うから。

その時にこの.envファイルが必要になる。

今の段階ではこのくらいの理解があれば十分。

SQL

データベースとやり取りする時に使う言語

MySQL

データベースの種類

PHPと相性抜群

phpMyAdmin

MySQLを素人でも扱える様にしてくれているとっても便利なやつ。

こいつがいないと、MySQLを使う時にターミナルを使ってとても難しいSQL文打ち込まないといけない

API

違うサービス同士で連携できるサービスのこと。

dd(変数名)

変数の中身を表示してくれる

empty関数 isset関数

変数に何か入力されているか確認できる

empty関数とisset関数の違い

empty = 数字(0)は入っていないとみなす
isset = 数字(0)でも入力されているとみなす
NULLはどちらも空だと判断する

inputタグのname属性

nameは入力された項目をPHP・JSで利用するときに必要になる

pagenate

ページごとに表示する検索結果の数を指定できる

コマンド操作

php artisan db:seed

シーダの実行コマンド(シーダファイルに書いているものがデータベースに入ります

エラー

エラーは丸々コピーしてググるとだいたいどんな事が起こっているか出てきます!

Notice: Undefined variable:

「変数が定義されていません」と言う意味

Parse error:syntax error

文法のミス

スペルミスなど、、、

formタグ

入力フォームや送信フォームを表示させたいときに使う

入力されたデータはサーバーサイドで処理する

action属性

入力されたデータの送信先を指定する

変数と定数の違い

  • 変数

変数a;      a=1;    できる

  • 定数

定数a;  a=1;    できない    定数a=1;  これなら定数の宣言はできる

コメント

タイトルとURLをコピーしました