IT留学inセブ1ヶ月目終了

プログラミング勉強風景 ブログ
この記事は約2分で読めます。

セブでプログラミングを学び始めて1ヶ月。この1ヶ月で変わった価値観、感じた事をまとめてみます。

スポンサーリンク

ただコードを書くだけじゃない。

とりあえず自分でwebサービス、アプリを作るのは大変。

もちろん何かする、創る事はどんなことでも簡単なものはないですけど。

プログラミングをやる前は、「ただコードをかけるようになればいいのかな」って思ってました。だけど、実際にはコードを書く以外にもしないといけない事はたくさんあって、ファイルの管理、環境構築とか、、、コードを書く以前の問題で。今までパソコンを使ってこなかった自分にとっては分からない事だらけでした。そんな時にググって色々調べるんですけど、ほとんどの記事が専門用語を使っていて1つの用語を調べるのがとても大変でした。この経験をしたので「初心者のためのITブログ」を書こうと思ったんですよね。

英語を理解できたら有利

そもそもプログラミング言語ってほとんど英語基準で書かれています。そして分からない事があってググって出てくる記事の数も英語の方が断然多いし、内容の質も高いんですよね。

それに、英語が喋れると外国人とコミニュケーションがとれるので、そこでも色々な話ができますよね。

要するに、英語を使えると入ってくる情報の量、質が高くなりますよね。だから、英語理解できると強いなと思います。これはプログラミングやっているやっていない関係ない事だと思います。

プログラミング的思考

プログラミング的思考は、物事を順序立てて考えていくとかそんな感じの事で。めっちゃ簡単に言ってしまったけど。逆算して物事を進めるとか。これって何かしたい時に大事になってくるんじゃないかな。そう思います。

まとめます!

こっちに来て英語にプログラミング。知らない事ばかりで頭がパンクしそうじゃけど、

残り2ヶ月。「自分ができる事」「自分じゃないとできない事」を探りながら目の前の事に一生懸命取り組んでいこう!

もし、これからプログラミング学ぼうと思っている人。どんなスクールに行こうか考えている人とか質問などあったら自分の経験からアドバイスできる事があると思うのでSNSからでも大丈夫なので気軽にメッセージ飛ばしてください!

最後まで読んで頂いてありがとうございました!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました